天皇賞 193万馬券ゲット スズカマンボ万歳
by dream1002
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今週は日本ダービー(週初の考察)
ランキングが見たい方はコチラ→人気blogランキングへ

怪物ディープインパクトの強さは、皆も知る処であり、今更語ることも無いだろう。ディープとの比較というより、他の17頭の中で気になる馬を考えたい。
人気は皐月賞3着、弥生賞でディープとクビ差2着のアドマイヤジャパン、デビュー以来連対を外したのは、挫石で出走を迷う程の状態にあり、レースでは出遅れというアクシデントの中での6着の新潟2歳Sのみ、前走の京都新聞杯では3コーナーから捲くって直線後続を突き放し、皐月賞5着馬のアドマイヤフジに0.4秒先着したインティライミ、5戦全連対青葉賞1着のダンツキッチョウ、直線長い府中2400mで巻き返しを図るアドマイヤフジ、皐月賞2着馬シックスセンス、距離延長を能力でカバーできるかマイネルレコルト、NHKマイル4着も距離こなせれば末脚秘めるペールギュント‥この辺までが連候補で人気するであろう。

さて、今レースビデオを見ながら感じた、私の気になる馬を述べよう。えっまだ出てきていないのと思われる方もいるかと思うが、上記の馬ではない。近年青葉賞馬のレースでの活躍が目立つが、本番と同じ東京2400mを経験できる点、ゆったりとしたローテーションが好結果に繋がっていると思う。青葉賞2着馬は本番で成績が芳しくないのだが、今回の2着馬は勝ち馬と匹敵する。前半62秒程のスローペースの先行有利の流れを、断然1番人気のダンツキッチョウにクビ差迄迫った。何度もビデオを見たが、何と驚くことに、この馬は4コーナーを回って直線スパートをかけようとした時に、外から内に切れ込んできたイブキレボルシオンに前をカットされて一度立て直してから追い込んできて、あの着差である。不利なく、スムーズに抜け出てきていたら勝っていたと思う。週初の段階での、ダービーの気になる馬はニシノドコマデモだ。早速ニシノドコマデモの過去のレースをビデオで見てみると、この馬の能力の高さが鮮明になってきた。  過去の戦跡へのリンク
いちょうSで勝った後の11月の東京スポーツ2歳S1800m(GⅢ)4番人気で出走。このレースの内容が凄い。1000m通過60.3秒のペースを最後方追走、4コーナー回って、今迄競馬でこんな下手なコース取り見たこと無いと言うくらいの横山典の騎乗だった。あのロスは凄い。まず内に切れ込んだが内が開かず、外に持ち出して又前が壁になって、もう一度大外に持ち出してスムーズに抜け出したスムースバリトン(1馬身)とペールギュント(クビ差)に迫っての3着だった。直線の残り100mの伸び脚は素晴らしい。スピードに乗る迄にやや時間が掛かるが、典型的な東京向きの脚質であり、又距離が伸びてゆったり前半構えられるレースが合っているので、ダービーは御誂え向きだと感じた。
今年になって2月共同通信杯(GⅢ)ではストーミーカフェ(単勝2.2倍)と人気を分け合って、2番人気(単勝2.7倍)になったが、スタートで痛恨の出遅れ、後方から行く馬であるが、ロス大きく、4着に終わった。続く、弥生賞ではゲートで伸び上がってしまって、スローペースの中、4コーナーでもコース取り悪く最後方から追い込むも不発。やはり右回りの中山コースより、左回りで直線の長い東京コース向きが鮮明に伺えた。そして前走の青葉賞の末脚だ。スローな流れを、中団後方よりで折り合って4コーナーで外に持ち出して、あの痛恨の幸騎手のカットに合いながらも立て直して追い込んできた。ニシノドコマデモは非常に気になる一頭である。

ランキングが見たい方はコチラ→人気blogランキングへ

皆様のコメント楽しみにしています。参考になりますので宜しくお願いします
[PR]
by dream1002 | 2005-05-23 22:22 | 競馬
<< 便利になったものです NY概況  >>