天皇賞 193万馬券ゲット スズカマンボ万歳
by dream1002
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
スプリンターズS 回顧
ブログランキングに参加しています。宜しくお願いします。人気blogランキングへ

完敗だったが、あの組み合わせで決まっては仕方ない。
結果、固い決着となった。
サイレントウィットネスの完勝劇であった。
久々も、アウェイも、直線の坂も、ものともせずに全くの圧勝だった。
2着も、デュランダル。32.7の鬼脚で追い込んできた。
共に、実力は周知の通りで、わかっていること。
しかし、あのオッズで、其処まで親近感の湧かない外国馬は頭に買うことは、私には出来なかった。デュランダルにしても、超久々で、あの脚が使えるかどうかの不安は払拭できず、パドックで思いのほか良く見えて、やはりいい馬だなあと思ったが、仕方が無い。

闇雲に人気馬を切っていたり、評価を落としている訳じゃなく、理由はそれなりにあったが、穴狙いであるがゆえに、今回のような結果は付き物である。

レースを振り返る。

カルストンライトオは、自分の競馬を出来たと思う。あれで負けたら納得もいくであろう。思いの他、ペースも落ち着き、大西騎手もしてやったりと思った事であろう。
ギャラントアローも、横山典騎手が外枠からスムーズに2番手につけて、流れに乗れていた。あれで負けたら仕方ない。

テイエムチュラサンがもっと思い切ってハイスピードで内枠を利していくかと思ったが、やや中途半端に抑えていた為に落ち着いた流れとなった。

マルカキセキは力をつけている。ここに来て、後方一辺倒じゃなく、そこそこ前目につけてから競馬ができるようになった。やや早仕掛けとなったが、仕方ない。直線でも苦手の坂を頑張っていた。今後も活躍するであろう。

サイレントウィットネスはスムーズに4番手で折り合って、直線追い出してからは楽勝で抜け出し、横綱相撲であった。

キーンランドスワンも、11人気に反発するかのように、健闘した。中団後ろで折り合い、直線伸びてきた。上位馬とは、差があったが内容は良かった。自分の競馬はできたと思うし、この馬の力は出せたであろう。

タマモホットプレイも健闘した。調子自体上向いていたのだろう。14人気ながらよく走った。

ゴールデンキャストも1枠でなければ、もう少し着順は上だっただろう。さすがに上位3頭には及ばなかっただろうが‥。

シーイズトウショウは-30kgには驚いた。仕上げの不安説があったが、やはり本調子ではなかったのだろう。

アドマイヤマックスはあれで負けたら仕方ない。武豊はうまく乗っていた。

各馬それなりに、自分の競馬をしていた中で、一頭だけ流れに乗れていない馬がいた。

本命視した、シルキーラグーンである。スタートも今一で、ダッシュが利かず、中段より後方からの競馬。自身前半3ハロン33.9と全くレースの流れに乗れていない。

この時点で、負けを覚悟した次第である。4コーナーでも10番手以降の馬群の中である。

行けなかったのか、行かなかったのか? 好位からの自分の競馬で、流れに乗った上での敗戦はスッキリするが‥。ここまで惨敗する馬ではないと思うが‥。

調整過程の追い切り本数が不足していたので、その辺が本調子に無かったのかもしれない。

次走に期待したい。こんな馬ではないと思うが‥。

とにかく、GⅠ第一戦は完敗であった。

他のランキングの予想はコチラ人気blogランキングへ

にほんブログ村 ポータルブログへ
[PR]
by dream1002 | 2005-10-04 00:13 | 競馬
<< あっという間の木曜日‥週央見解 スプリンターズS (GⅠ) >>